ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



映画カテゴリ

『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』 12月1日(土)全国ロードショー

ひどいダメふつういいね!最高!!
あなたが最初の評価者です、ワンクリックで記事を評価しましょう!
読み込み中 ... 読み込み中 ...

INTRODUCTION

『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフが
新たなキャリアの出発点に選んだ戦慄のゴシック・ホラー


映画史上特筆すべき熱狂を呼び起こした『ハリー・ポッター』シリーズの主演を務め、若くして世界的なスーパーアイドルとなったダニエル・ラドクリフ。2011年の完結編『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』で大役をやり遂げた彼が、その次に挑むべき作品として数ある企画の中から自ら選び取ったのが、このブリティッシュ・ゴシック・ホラー『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』である。


STORY

『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』 12月1日(土)全国ロードショー


人里離れた霧の洋館に棲む“黒衣の女”の正体とは?
愛妻を亡くした若き弁護士の運命を描くゴースト・ストーリー


深い霧に包まれた沼地にひっそりとたたずむ洋館。そんな詩的なまでに美しくも不気味な舞台設定のもとで物語が展開していく本作は、恐怖と悲哀に満ちた正統派のゴースト・ストーリーである。

19世紀末のロンドンに暮らす若き弁護士アーサー・キップス(ダニエル・ラドクリフ)は、4年前に愛妻ステラを亡くして以来、失意のどん底に沈んでいた。そんなある日、事務所の所長から新たな仕事を命じられた彼は、ひとり息子ジョセフをロンドンに残し、田舎町クライシン・ギフォードへの出張に旅立つ。列車を乗り継いで現地に着いたアーサーに課せられたのは、最近他界したアリス・ドラブロウ夫人の“イールマーシュの館”に赴き、彼女の遺言書を見つけ出すこと。ところが沼沢地の島にぽつんとそびえ立つ館にはただならぬ陰鬱なムードが漂い、謎めいた“黒衣の女”が森や窓辺に出没する。やがてこの館の忌まわしい過去と、町の大勢の子供たちが相次いで変死している事実を探りあてたアーサーは、自らも恐るべき呪いの連鎖に巻き込まれていくのだった……。


CAST & STAFF

『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』 12月1日(土)全国ロードショー


監督:ジェームズ・ワトキンス(『ディセント2』脚本、『バイオレンス・レイク』)
製作:ブライアン・オリヴァー(『ブラック・スワン』)
脚本:ジェーン・ゴールドマン(『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『キック・アス』)
撮影:ティム・モーリス=ジョーンズ(『ロック・ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』)
美術:ケイヴ・クイン(『トレインスポッティング』)  編集:ジョン・ハリス(『キック・アス』)
音楽:マルコ・ベルトラミ(『ハート・ロッカー』)
出演:ダニエル・ラドクリフ(『ハリー・ポッター』シリーズ)、キアラン・ハインズ(『裏切りのサーカス』) ジャネット・マクティア
原作:『黒衣の女 ある亡霊の物語』スーザン・ヒル著(ハヤカワ文庫)
2012年/イギリス・カナダ・スウェーデン/95分/カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル/G/原題:WOMAN IN BLACK

■配給:ブロードメディア・スタジオ   


特別試写会へ10組20名様をご招待!

『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』 12月1日(土)全国ロードショー


■名称:『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』試写会プレゼント
■提供数:10組20名様
■日時:11月27日(火) 18:30開場/19:00開演
■場所:なかのZERO 大ホール(東京都中野区中野)
■応募締切:2012年11月16日(金) 10:00



『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』 12月1日(土)全国ロードショー


「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」
(C)2011,SQUID DISTRIBUTION LLC, THE BRITISH FILM INSTITUTE
12月1日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー
配給:ブロードメディア・スタジオ
womaninblack.jp


★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 渡辺美奈代
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • 桜井裕美
  • 村田綾
  • 諸星和己
  • 星名美津紀
  • 大島薫
  • 藤後夏子
  • 越川優
  • 奥田健次